【Trello(トレロ)】公開設定の確認方法(複数ボード対応)

情報技術
この記事は約3分で読めます。

はじめに

classynode
classynode

こちらは、Trelloボードの「公開範囲の設定方法を確認したい」方のための記事です。

 Trelloボードの公開範囲は、初期設定では「非公開」です。
 招待した人だけが閲覧できます。

 設定を変更しない限り、Trelloのボードが全世界に公開されることはありません。

 しかし2021年4月、個人情報を含むにも関わらず、公開の設定になってしまっているボードが見つかり、ニュースになりました。

 ボードの設定は、下記の手順でご確認ください。

設定項目の種類について

Trelloの公開範囲設定

 Trelloの公開範囲は、以下の中から設定します。

  1. ボードメンバーと閲覧者(非公開)
  2. チームメンバー
  3. 公開

 基本的に、「ボードメンバーと閲覧者(非公開)」「チームメンバー」を選べば大丈夫です。

 「公開」を選ぶと、世界中の誰でも閲覧できるようになります。必要がない限り、選ばないように注意しましょう。

 初期設定(デフォルト)は、「ボードメンバーと閲覧者(非公開)」です。

公開設定の確認手順(1ボードずつ)

アプリからのログインの場合

 右上の…メニューをタップし、ボードメニューを開いてください。
 アイコンが「鍵のマーク(非公開)」または「人のマーク(チームメンバーのみ)」なら、閲覧できる人は限られています。

ブラウザからのログインの場合

 画面上部に「非公開」「チームメンバーのみ」「公開」と表示されている箇所があります。

 ここが「非公開」または「チームメンバーのみ」なら、閲覧できる人は限られています。

公開設定の確認手順(複数ボード対応)

アプリからログインの場合

 アプリから複数ボードまとめて確認する手順です。

 visibility:publicをコピー&ペーストし、ボードを検索してください。
 「結果がありませんでした」と表示されたらOKです!
 (コピー&ペーストや半角文字という言葉の意味がわからない方は、1ボードずつ確認する方が確実です)

ブラウザからログインの場合

 ブラウザから複数ボードまとめて確認する手順です。

 Trelloにログインした状態で、下記のリンクをクリックしてください。
 「結果がありませんでした」と表示されたらOKです。

 https://trello.com/search?q=visibility%3Apublic

 詳細は公式のコミュニティにてご確認ください。

まとめ

 Trelloに限らず、情報を入力するときは、「それが誰から閲覧可能なのか」を確認しましょう。

 みなさまの暮らしが、より良くなりますように。

タイトルとURLをコピーしました