MENU

    iClever Bluetooth 折りたたみキーボード(IC-BK08)のレビュー

     先日、iPad mini6 スターライトを購入しました。

     iPad miniの利点といえば、コンパクトな筐体!

     iPad miniの携帯性を生かせる折りたたみキーボードを購入しました。

    この記事でわかること
    • 折りたたみキーボード(IC-BK08)の使い心地
    • 良かったこと・悪かったこと
    • iPadOSで利用する際に、スクロールの向きを変更する方法
    目次

    iPad mini6と合わせて使うキーボードを選ぶ

     時折、緊急で障害対応が必要になることがあります。

     感染症が収束して外出できるようになったら、
     先日購入した「iPad mini6」を使って、
     どこからでも作業できるようにアクセサリを追加します。

    iPad mini6 & Bluetoothキーボードで、
    「軽くてコンパクトな作業環境」を実現します

    iClever Bluethoothキーボード(IC-BK08)

     

    わたしが購入したキーボードはこちらです!

    よかった点

    • ソフトウェアキーボードと比較すると、入力しやすい
    • 右側にタッチパネルがついていて、画面へ触れる機会を最小限に抑えられる
    • 最大、3台ペアリングできる。iPad miniと、iPhoneそれぞれにペアリングできる

    悪かった点

    • US配列キーボードなので、慣れるまで少し大変
    • 310gと、iPad mini6よりも重い
    • 充電は、micro USB type-Bケーブルが必要。(USB Type-Cがよかった!)
    • iPadOSの「ホーム画面に戻る」に戻るときに、左手で操作が必要。(タッチパネルだけで操作ができたら、楽)

     持ち歩きを優先するのであれば、135gのIC-BK06Liteも良かったかもしれません。

    開封してみよう

     届いたキーボードを開封してみましょう。

    iClever Bluetooth 折りたたみキーボード(IC-BK08)のレビュー

    このような箱で届きました。

    iClever Bluetooth 折りたたみキーボード(IC-BK08)のレビュー

     中身は、キーボード本体、micro USB Type-Bケーブル、収納用の袋、説明書です。

     収納用の袋は、焦げ茶色のベロア風の生地です。

     

    持ち歩く予定なので、専用の袋は嬉しいです。

    iClever Bluetooth 折りたたみキーボード(IC-BK08)のレビュー

     左右をパカッと開くことができます。力は必要ありません。

    iClever Bluetooth 折りたたみキーボード(IC-BK08)のレビュー

    じゃーん!

     

    コンパクトで可愛らしいです

    Apple Magic Keyboardとの大きさ・操作感の比較

     自宅での作業は、Apple純正のMagic Keyboardと、Magic Trackpadを使っています。

     大きさを比べてみると…

    iClever Bluetooth 折りたたみキーボード(IC-BK08)のレビュー

     Apple Magic Keyboardよりもひとまわり小さいサイズです。

     キーを打つ重さは、同じくらいです。
     IC-BK08の方がバネが強く、跳ね返りを感じます。

    ペアリングの手順

     未来の自分のためにペアリングの手順を記しておきます。

    1台目のiPadのペアリング

    1. 「Fn」+「Bluetooth1」キーを押すと、チャンネル1に入り、インジケーターが青色で点滅します
    2. 「Fn」+「C」キーを押すと、ペアリングモードに入ります。
    3. iPadの「設定」アプリを開く
    4. 「Bluetooth」をタップ
    5. 「iClever IC-BK08 Keyboard」を接続
    6. 接続が完了すると、インジケーターが青色で点灯します。

    2台目、3台目のペアリング

     チャンネルを選ぶ際に「Bluetooth2」「Bluetooth3」キーを選ぶと、2台目・3台目のペアリングができます。

    スクロールの向きを変更する

     トラックパッドで二本指で操作することで、スクロールできます。

     わたしはスクロールの向きを、以下の手順で変更しました。

    1. IC-BK08を開き、iPadと接続する
    2. iPadの「設定」アプリを開く
    3. 「一般」をタップ
    4. 「トラックパッドとマウス」をタップ
    5. 「ナチュラルなスクロール」をオフ
     

    この設定は、お好みでお選びください。

    まとめ

     iPad mini6と、Bluetoothキーボードで、外出先の作業も利便性が増しました。

     折りたたみできるツールが大好きで、自宅のデスク環境も折りたたみ可能にしています。
     よろしければ、以下の記事もご覧ください。

     また便利なガジェットを見つけたら、試してみたいと思います。

     最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
     みなさまの暮らしがより良くなりますように。

    お役に立てたら幸いです
    目次
    閉じる