MENU

    Apple MagicTrackpadのバッテリが復活しました

     

    Apple MagicTrackpadのバッテリが復活しました。

     

    この記事は、個人の体験談です。
    あらかじめ、ご了承ください。

    この記事でわかること
    • 充電できなかったMagicTrackpad2が、再び充電できることもある…という事例
    目次

    過放電によって充電できなくなってしまいました

     わたしのMagicTrackpadは、2017年頃に購入しました。
     購入当初は、利用頻度が低く、1年以上収納したままになっていました。

     2021年春に、折りたたみテレワーク環境を作りました。

     このときから、Magic Trackpadを日常的に利用するようになりました。

     しかし、数年ぶりに使った「MagicTrackpad2は、給電しながらでなければ使えない」状態になっていました😥

     給電中は正常に稼働するものの、給電を止めると、バッテリ残量が0%になり、反応しません。

     過放電によって、バッテリーが正常に動作しなくなってしまったものと思われます。

     暫定措置として、ANKERのモバイルバッテリと、15cmのLightingケーブルを接続しながら使用していました。

    暫定対応中のMagicTrackpad使用風景
     

    この状態も、不便というほどではなく、
    「いつかTrackpadを買い換えよう」と気長に考えていました。

     

    Power Core Fusion 5000は、コンセントに直接挿して給電できるので、給電も負担ではありませんでした。

     

    余談ですが、
    後継機のPower Core Ⅲ Fusion 5000も、
    USB Type-Cで給電できるので、気になっています。

    猫の挿絵

    突然の復旧

     Trackpadの給電運用を半年ほど続けていた、2021年10月5日(火)21時頃…

     Trackpadの給電を忘れているのに、操作ができました!

     Magic Trackpad2は、リチウムイオンバッテリーを採用していると思います。

     繰り返し充電することで、バッテリが復活しました。

     

    びっくり。

     

    何か特別なことをしたのでしょうか?

     

    いいえ、何もしていません。
    放電と給電を繰り返していたら、
    いつの間にか普通に使えるようになっていました。

     

    わたしの劣化したバッテリも直りますか?

     

    それはわかりません。
    ごめんなさい。
    今回の話は、個人の体験談であり、自己責任でご判断ください。

    猫の挿絵

    まとめ

     半年間毎週使っていたので、月4回×6ヶ月 = 24回は、放電と給電を繰り返したと思います。

     リチウムイオンバッテリーが復活するとは思っていなかったので、とてもびっくりしました。
     慌てて買い替えず、気長な暫定手段を選んでいて、良かったです。

     最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
     みなさまの暮らしがより良くなりますように。

    お役に立てたら幸いです
    目次
    閉じる