MENU

【WPプラグイン】Google Driveへ定期バックアップ【UpdraftPlus】

【WordPressプラグイン】Google Driveへ定期バックアップ【UpdraftPlus】
 

永遠に壊れない機械はなく、まったくミスをしない人間はいません。
万が一に備えて、WordPressの定期バックアップを設定します。

 エンジニアとして十数年働いて、何度も感じることがあります。

 バックアップは、命綱です。

 WordPressの定期バックアップは、プラグインでカンタンにを実現できます。大事なデータを守るため、バックアップを設定しましょう。

この記事でわかること
  • WordPressのバックアップを取る方法
  • UpdraftPlus WordPress Backup Pluginの使い方
目次

バックアップをする理由とは?

 

なんのために、バックアップするのでしょう?

 データが壊れてしまったときに、復元できるようにするためです。

 たとえば、以下のようなケースが想定できます。

  • レンタルサーバーの不具合
  • WordPressの不具合
  • 第三者からの攻撃やウイルス被害
  • 自分の作業ミス

 レンタルサーバーにバックアップの仕組みがある場合も、油断は禁物です。

 バックアップソフトを開発しているAcronisも、2つ以上の場所にバックアップを保管することを勧めています。

最低でも2つの異なるメディアに バックアップを取る 

データを守る3-2-1のバックアップルール|Acronis Cyber Backup

どうやってバックアップを取るのか?

バックアップが必要なもの

バックアップが必要なもの

 WordPressは、以下のデータで構成されています。

  • Webサーバーにあるファイル(テーマ・プラグイン・画像など)
  • DBサーバーにあるデータ(記事の本文など)

 復元するためには、これらのデータが必要です。

 

まるごと定期バックアップができる便利なプラグインがあります。

プラグインを選ぶ

 自動バックアップができるプラグインは、「UpdraftPlus」や「BackWPup」があります。

 どちらもカンタンで便利そうです。

 今回は「UpdraftPlus」で実現します。

 

Google Driveに保存できるので、UpdraftPlusを選びました。

自動バックアップを設定する(所要時間:5分)

UpdraftPlusのインストール

 まずは、UpdraftPlusをインストールしましょう。

  1. WordPressの管理画面にログイン
  2. 「プラグイン」をクリック
  3. 「新規追加」をクリック
  4. 「UndraftPlus」で検索
  5. 「今すぐインストール」をクリック
  6. 「有効化」をクリック
UpdraftPlusのインストール
 

カンタン!

UpdraftPlusの設定画面を開く

 インストールが完了すると、下記のような画面が表示されます。

 「スタートするにはここをクリック」は押さず、×で閉じてください。(クリックすると、使い方のツアーが始まります)

  1. プラグイン一覧にある「UpdraftPlus」の「設定」をクリック
UpdraftPlusの設定画面を開く

自動バックアップの設定をする

  1. 「設定」タブを開く
  2. フルバックアップのスケジュールを設定する
  3. データベースバックアップのスケジュールを設定する
  4. 保存先で「Google Drive」をクリック
  5. 一番下にある「変更を保存」ボタンをクリック
自動バックアップの設定をする

 最適なスケジュールの設定値は、サイトの更新頻度によって変わります。

Google Driveへの認証

「変更を保存」ボタンをクリックすると、以下のようなダイアログが表示されます。
 ここからGoogle Driveへの認証を進めていきます。

Google Driveへの認証
  1. 「このリンクをクリックして、Google Driveアカウントへの…」をクリック
  2. UpdraftPlusに以下を許可します:は、「許可」をクリック
  3. 「Complete Setup」をクリック
Google Driveへの認証
手順2の画面
手順3の画面
手順3の画面
 

とてもカンタン!

動作確認をする

 GoogleDriveへの自動バックアップの設定ができました。手動バックアップで動作確認をしてみましょう。

  1. 「バックアップ/復元」タブをクリック
  2. 「今すぐバックアップ」ボタンをクリック
  3. もう一度、「今すぐバックアップ」ボタンをクリック
動作確認をする

 バックアップが成功すると、「バックアップ/復元」の画面に、既存のバックアップ一覧が表示されます。

 

これで安心。

まとめ

 定期バックアップ・オンラインストレージへの保存の設定が、カンタンにできました。

 サーバーにもしものことがあっても、最終バックアップの時点に復元できるようになりました。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 みなさまの暮らしがより良くなりますように。

お役に立てたら幸いです
目次
閉じる