MENU

    SWELLのインストール後に必要な最初の設定(アナリティクス・サーチコンソール)

     SWELLを検討している方に向けて、導入後に最初に行うべき設定をまとめました。

     

    先日、WordPressテーマをCocoonからSWELLに移行しました。

     移行プラグインを導入すると、ほとんどの記事は問題なく表示できます。
     ただし、アナリティクスやOGPの設定は、移行プラグインでは反映されないため、別途設定が必要です。

    この記事でわかること
    • SWELLでのGoogleアナリティクスの設定方法
    • SWELLでのGoogleサーチコンソールの設定方法
    • SWELLでのOGP設定方法
    • XMLサイトマップの設定方法

     SWELLのインストール方法は、別の記事にまとめています。

    目次

    SEO SIMPLE PACKプラグインの導入

     SWELLでGoogleアナリティクスやサーチコンソールを使うためには、別途「SEO SIMPLE PACK」プラグインをインストールします。

     「SEO SIMPLE PACK」は、SWELLテーマと同じ株式会社LOOSが開発しています。テーマとの相性も、安心です。

    Googleアナリティクスを設定する

    Googleアナリティクスを利用したい方は、必須の設定です。

     プラグインをインストールし有効化すると、WordPress管理画面に「SEOPACK」というメニューが追加されます。

     下記の手順で、トラッキングIDを設定してください。

    1. 「SEO PACK」→「一般設定」をクリック
    2. 「Googleアナリティクス設定」タブを開く
    3. 「トラッキングID」または「測定ID」を入力

    Googleサーチコンソールを設定する

     サーチコンソールを「ドメインプロパティ」で設定している場合、この設定は不要です。
     この項目は飛ばして、次へ進んでください。

     Googleサーチコンソールを「URLプレフィックス」で設定している場合は、下記の手順で設定します。

    1. 「SEO PACK」→「一般設定」をクリック
    2. 「ウェブマスターツール」タブをクリック
    3. 「Googleサーチコンソールの認証コード」を入力

    検索結果に表示される説明文を設定する(discription)

     GoogleやYahoo!の検索結果に表示される説明文を設定します。

    1. 「SEO PACK」→「一般設定」をクリック
    2. 「基本設定」タブをクリック
    3. 「フロントページ」のディスクリプション・キーワードを入力
    4. 「設定を保存する」をクリック

    SNSでトップページの画像が表示されるように設定する(OGP)

     TwitterやFacebookにリンクを貼ったときに、画像が表示されるようOGP(Open Graph Protocol)を設定します。

    1. 「SEO PACK」→「OGP設定」をクリック
    2. 「基本設定」タブをクリック
    3. 「画像を選択」をクリック
    4. 表示したい画像を選んで、「選択」をクリック
     

    トップページへのリンクを貼ってみると…

    できました!

    猫とPC

    XML Sitemapsプラグインの導入

     Googleの検索結果に表示されるようにするためには、検索ロボット🤖に自分の記事を認識してもらう必要があります。

     🤖用の地図を作成するために、「XML Simtemaps」プラグインをインストールします。

    プラグインの新規追加画面では、作者名の「Auctollo」でキーワード検索がオススメです。

    (xml sitemaps でプラグインを検索すると、類似のプラグインがたくさん表示されてしまいます)

    XML Sitemapsの設定画面を開く

    1. 「プラグイン」→「インストール済プラグイン」をクリック
    2. 「XML Sitemaps」→「設定」をクリック

    XML Sitemapsの設定を変更する

    1. HTML形式でのサイトマップを含めるのチェックを外す
    2. 投稿の優先順位を「優先順位を自動的に計算しない」にする

    HTML形式のサイトマップは、チェックを外すがオススメです。

    (オンにしていると、Googleサーチコンソール上で「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」というアラートが表示されました)

    GoogleサーチコンソールでサイトマップURLを指定する

     作ったサイトマップの在り処をを検索ロボット🤖に伝え、定期的に訪問してもらいます。

    1. Googleサーチコンソールにログイン
    2. 「サイトマップ」をクリック
    3. 「https://自分のドメイン/sitemap.xml」を入力
    4. 「送信」をクリック
     

    これでGoogleの🤖が、自分のサイトマップを見に来てくれるようになりました!

    猫の挿絵

    まとめ

     アナリティクスや、サーチコンソールの基本設定を終えることができました。

     ここからは、見た目をカスタマイズしたり、既存の記事をのんびり再編集します。

     見出しの文字色のカスタマイズ方法は、こちらの記事をお読みください。

     わたしが好きなSWELLの標準機能を、以下の記事にまとめました。
     よろしければ、ご覧ください。

     最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
     みなさまの暮らしがより良くなりますように。

    アイキャッチに使用したSWELLアイコンは、開発元の許可をいただき、ダウンロードしたテーマから引用させていただきました。

    お役に立てたら幸いです
    目次
    閉じる