MENU

    Atlassian(アトラシアン)製品まとめ【2021年版】

     

    アトラシアンとは、どんな会社なのでしょう?

     アトラシアンは、「ソフトウェア開発をサポートする製品」を開発しているオーストラリアの会社です。

     法人向けのソフトウェア開発だけでなく、個人や家庭のタスク管理・計画など、小さいチームの情報共有にも使える製品だと思います。色々な製品があるので、これから利用方法を勉強していきます。

     今回は、利用したい製品の特徴を整理することが目標です。

    目次

    使いたい製品一覧

     以下の製品を使っていきたいと考えています。(価格は2021年3月時点)

    製品名機能・目的価格
    Trelloカンバン方式の
    タスク管理
    基本機能は無料
    Jiraプロジェクト管理10ユーザーまで無料
    Confluence組織向けWiki10ユーザーまで無料
    BitBucketバージョン管理5ユーザーまで無料
    SourceTreeバージョン管理
    クライアント
    無料

     次に、製品ごとの特徴をまとめます。

    Trello(トレロ)

     Trelloは、2015年から愛用しています、大好きです。

     ホワイトボード+付箋で行っていたタスク管理が、画面上でできるようになります。

     タスク管理のほかにも、アイディア帳や旅行記など様々な使い方ができる万能ツールです。

     

    Trelloの使い方を、記事にまとめました!(2021.04.03追記)

    Jira(ジラ)

     Jiraは、これから使い始めたいツールです。アジャイル開発の手法に則って、プロジェクト(タスク)管理ができます。

     Trelloは日常使いに最適ですが、大きなプロジェクト・チームでは、Jiraを使うと良いのだろうと思います。

    Confluence(コンフルエンス)

     Confluenceも、これから使い始めたいツールです。組織内の知見を書き残すために使います。

    • Trelloは、随時コメントを書き込み、新しい情報を共有する場所
    • Conluenceは、手順書や障害の対応方法など、確定した情報をストックする場所

     このようなイメージで使い分ける予定です。

    BitBucket(ビットバケット)

     プログラムのソースコードを管理するためには、バージョン管理システムが必要です。

     BitBucketは、分散バージョン管理システムをインターネット上で利用できるサービスです。

     プログラムのバージョン管理をしていきたいと考えています。

    SourceTree(ソースツリー)

     SourceTreeは、パソコンにインストールするソフトウェアです。

     BitBucketやGitHubに登録してあるファイルを、GUI(画面)から操作できるようになります。

     BitBucketをSourceTreeから操作して、分散バージョン管理を勉強したいと思います。

    まとめ

     Trello以外のツールは、使い始めたばかりなので、ツールの目的や便利な使い方を勉強中です。

     覚えたことを記事にして、勉強の過程を共有したいと思います。

     みなさまの暮らしがより良くなりますように。

    お役に立てたら幸いです
    目次
    閉じる