NatureRemoで簡単スマートホーム

NatureRemoで簡単スマートホーム 暮らし
この記事は約2分で読めます。

いつもの家電が「未来の道具」に

 子供の頃に映画やアニメで見た、近未来の暮らし。車が空を飛び、家に帰ると明かりが勝手について、音声操作ができる。まだ車は空を飛びませんが、家電は映画さながらに自動操作ができるようになりました。
 最新の家電へ買い替えずとも、小さなツールを一つ導入するだけで、いつもの家電が「未来の道具」になります。

暮らしを変える「NatureRemo」

 2020年2月現在、温度・湿度・照度・人感センサーを含む「NatureRemo」と、センサーが温度センサーのみの「Nature Remo mini」が販売されているようです。うちにあるのはセンサーを全て含む第1世代ですが、センサー類が無くても十分に便利だろうと思います。

家電の追加設定も簡単に。

家電の追加操作

 Remoを導入する際に、必要なものは主に3つです。

 1. NatureRemo本体
 2. 導入する部屋に電源と無線環境があること
 3. NatureRemoのスマートフォンアプリ

これらが揃ったらアプリの指示に従って、まずは初期設定(アカウントの作成とWifiの設定)を行います。

 初期設定を行ったら、Remoにリモコン信号を送り、家電を登録します。1つ信号を送れば、自動的にメーカーを判別し、各種操作ボタンが自動作成されます。
(前身であるIRKitでは全てのボタンを1つずつ登録、NatureRemoも当初はエアコンのみ判別可能でしたが、いつの間にかアプリがどんどん進化していました)

暮らしをもっと快適に

 NatureRemoがあると「外出先からエアコンの操作」「毎日照明を自動点灯」といつもの暮らしがグッと快適になりました。興味がある方はぜひお試しください。

 みなさまの暮らしが快適になりますように。

タイトルとURLをコピーしました