MENU

    【レビュー】Anker PowerHouse 100 (モバイルバッテリー 27,000mAh)

    【レビュー】Anker PowerHouse 100 (モバイルバッテリー 27,000mAh)

     防災対策も兼ねて、Anker PowerHouse 100 (ポータブル電源 27,000mAh)を購入しました。

     大容量のモバイルバッテリーです。

    この記事でわかること
    • Anker PowerHouse 100の使い心地
    目次

    防災を兼ねて、Anker PowerHouse 100を買ってみました

     防災や停電対策のために大容量モバイルバッテリーを購入しました。

     モバイルと言っても、本体重量が862gもあり、日常の持ち歩きには適していません。

     自宅などに置いておくと、いざというときに安心できると思います。

    よかったところ

    • USB Type-Aポートが2つ、USB Type-Cポートが1つ付いている
    • コンセントの差し口もあり、AC電源も使える
    • ライトも付いていて、防災対策に良い

    イマイチなところ

    • 使い方が分かりづらいと感じる
    • 大容量なので仕方がないが、大きく重い

    Anker PowerHouse100を開梱してみよう

     開梱していきましょう。
     箱はこんな感じです。Ankerのいつもの感じです。

    Anker PowerHouse100

    ずっしりしています。
    蓋を開けると、本体が登場しました。

    Anker PowerHouse100

     付属品はこんな感じ。

    Anker PowerHouse100

     USB Type-A to Aのケーブル1本、USB Type-A to Cのケーブル1本、USB Type-Aの充電器ひとつ、ポーチです。

     わたしが購入した時と異なり、PowerHouse100は後継モデルの販売になっており、充電器の形が違っていたり、ポーチが無いそうです。ポーチはとても便利なので、新製品に入っていないのは残念です。

    Anker PowerHouse100

     左側から、ライト, USB Type-C, USB Type-A, USB Type-A, AC電源です。

     ライトは側面に専用のボタンがあり、複数回押すと、高照度・低照度・SOSモードを切り替えることができます。

     防災用のバッテリーとして購入したので、これは嬉しいです。

    Anker PowerHouse100

     大きさは、iPad miniよりひとまわり小さいくらいです。

     持ち上げるとずっしりと重いです。

    まとめ

     Ankerには、これよりも大容量のバッテリーもたくさんあります。

     それらはPowerHouse100よりも、大きく重くなってしまいます。

     いざというときのために保管しておき、レジャーなどにも持っていきやすいサイズとして、PowerHouse100を選びました。機会があれば、デイキャンプにも持って行ってみたいと思います。

     最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
     みなさまの暮らしがより良くなりますように。

    お役に立てたら幸いです
    目次
    閉じる