MENU

    【Audible】繰り返し聴きたいオススメ3選【聴く読書/オーディブル】

     

    読書の習慣をつけたいのですが、なかなか時間が取れません。

     

    そのような方には「聴く読書」がオススメです!

    この記事でわかること
    • Audibleとはどのようなサービスか
    • Audibleだからこそ良いと感じたオススメの本、3冊
    目次

    Audible(オーディブル)とは?

     Audibleとは、Amazonが提供しているナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。

     「聴く読書」では、目や手を使わずに読書ができるので、

    • 散歩をしながら
    • 家事をしながら
    • 眠る前に目を閉じて

    など「ながら読書」をすることができます。

    猫の挿絵

    オススメのAudible本 3選

     わたしは、普通の読書も好きです。

     本によっては、「Audibleだからこそ、さらに良い」と感じる本がありました。

     いずれもベストセラーなので、読んだことがある方もいらっしゃると思います。

     読了済みの方にも、Audibleで「聴いてほしい!」という本を集めました。

     

    わたしのオススメをご紹介します!📖

    1:嫌われる勇気 / 岸見一郎・古賀史健著

     「人は変われる」「世界はシンプルである」「誰もが幸福になれる」と主張する哲人と、悩める青年の対話です。

     自己啓発本にしては珍しく、全編対話で進みます。

     Audibleで聴くと、まるでオーディオドラマのように楽しく聴くことができます。

     青年が「理想論だ」と激昂するときの演技力が素晴らしい。
     名言と感じるフレーズはたくさんありますが、ネタバレは控えます。是非聴いてほしい一冊です。

     

    世界はシンプルだと教えてくれる本が、好きです🌏

    2:悩まずに進め / デール・カーネギー著

     古典的名著です。わたしが初めて買ったAudible本は、この一冊でした。

     とてもナレーションが上手で、聴きやすく、聴く読書とは良いものだと感じました。

     この本には、有名な一説があります。

    運命からレモンをもらったら、

    それからレモネードを作る努力をしてみる。

    デール・カーネギーの悩まずに進め
    命からレモンをもらったら、それからレモネードを作る努力をしてみる。
     

    英語のlemonには、欠陥品という意味合いを含むそうです。
    弱点を嘆くより、それを生かす方法を考えよう🍋

    3:声に出して読みたい日本語 / 斎藤孝著

     発売された当時、紙の書籍も購入しました。

     これもオーディブルだからこそ、良さが増す本だと思います。

     他の2冊よりも、気楽に、音を楽しむように聴くことができます。

     少し残念な部分は、目次が「チャプター1」「チャプター2」としか書かれていない点です。

     目次から「枕草子」「初恋」など朗読の内容がわかれば、もっと便利だと感じます。

     

    美しい日本語を暗唱できたら、
    心の引き出しを増やせるような気がします✨

    猫の挿絵

    まとめ

     Audibleには無料体験があり、最初の一冊は無料でもらうことができます。

     まずは一冊、聴く読書を始めてみてはいかがでしょうか?

     最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
     みなさまの暮らしがより良くなりますように。

    お役に立てたら幸いです
    目次
    閉じる