MENU

【Mac】スクリーンショットの保存形式をJPEGに変更する【カンタン】

【Mac】スクリーンショットの保存形式をJPEGに変更する【カンタン】
 

ブログ記事を書くときに、スクリーンショットを何度も撮ります。
作業効率化のため、デフォルトの保存形式をPNG→JPEGに変更します。

 Mac標準のスクリーンショットの保存形式は、PNGです。

 Webに掲載する画像は、少しでも軽くなるようにJPEGに変換してします。
 スクリーンショット がそのままJPEGで保存されるように、Macの設定を変更します。

この記事でわかること
  1. スクリーンショットのデフォルト保存形式の変更方法
目次

スクリーンショットの保存形式を変更

 スクリーンショットの保存形式は、コマンドで変更します。

ターミナルを起動する

  1. [Ctr]l+[スペース]で、Spotlightを起動
  2. 「ターミナル」と入力し、[Enter]

設定変更コマンドを実行する

  1. ターミナルの画面に以下のコマンドをコピー&ペーストし、[Enter]
defaults write com.apple.screencapture type jpg
 

できた!

まとめ

 コマンドを実行した後は、スクリーンショットがJPEGで保存されるようになりました。
 カンタンです。

 保存形式を変更する必要がなくなり、楽ちんになりました。

 スクリーンショットの撮り方がわからない場合は、下記のリンクをご確認ください。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 みなさまの暮らしがより良くなりますように。

お役に立てたら幸いです
目次
閉じる